ガンダーラ今昔物語

世界初の仏教大学ジョーリアンユニバーシティの跡地
世界初の仏教大学ジョーリアンユニバーシティの跡地

ガンダーラは、パキスタン北西部からアフガニスタン東部一帯の古い地名で、古代には北インドを統一するひとつの「国家」でした。また仏教開花の聖地として特に有名です。1〜5世紀には「クシャーン朝」のもとで最盛期を迎え、仏教はここから中国、日本など各地へ広がっていきました。

紀元前4世紀、アレキサンダー大王とともにガンダーラに侵入したローマ人たちは、仏教の教えに深い感銘を受け、その御姿を彫刻で表現しました。”ギリシャ人の顔にインド風の衣装”を着けた、この異様な彫刻は、後に「ガンダーラ美術」と称されるようになりました。

古来より、中央アジアの草原地帯に住む遊牧民たちは「パオ」と呼ばれる組み立て式住居の資材となる、フェルトやキリムなど、羊毛加工の技術を持っていましたが、次第にシルクロード全域に伝わり、現在の手織り絨毯に発展しました。

ガンダーラの都市遺跡 シルカップ
ガンダーラの都市遺跡 シルカップ

パキスタン絨毯は500年の歴史を有し、”現代感覚と格安さ”を併せ持つ、実用性に優れた絨毯として定着しております。また、長年不幸な戦乱に見舞われて来たアフガニスタンは、万全とは言えないまでも一応の安堵を迎え、伝統の絨毯産業も明るさを取り戻しています。このように元のガンダーラ地域は、今なお”手織り絨毯の本場”として、伝統文化を継承しています。

ガンダーラは、シルクロードの要所に立地するあまり、幾多の栄枯衰勢を余儀なくされ、現在の地図には存在しない幻の地名になってしまいました。しかし約2000年経過した今も、ガンダーラは『愛の国・・ユートピア・・』と親しまれ人々の心の奥に生き続けています。

弊社は1986年、パキスタン絨毯アフガニスタン絨毯のパイオニアを志し、その母である「ガンダーラ」を社名に戴きました。私たちは、この豊かな歴史とロマンから多くの教示を仰ぎ、末永く活動していく所存でございます。 


株式会社ガンダーラ  畠山信義

ページTOPへ


ペルシャ絨毯のほか手織り絨毯のことならガンダーラ お問い合わせはお気軽に… Tel 03-3865-3841